配偶者の不倫

あなたの配偶者が不貞を犯したら、慰謝料を配偶者とその相手に対して請求できます。

ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、夫婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を貰うことはできません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、夫婦の歳、結婚年数などイロイロな事を考えて裁判所に委ねることとなります。

同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたらその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。

沿ういったことに気付いたらその電話をしている相手を調べればいいのですね。

沿うは言いましても、パートナーがやり手となりますと、浮気相手と電話をしたあとに着信や発信の履歴を必ず消すと言う事も忘れずに行っていると言う事もあります。

探偵の浮気調査の場合でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気を始めとした調査の達人だといっても、失敗しない保証が全くないとは言えません。

相手が急にタクシーに乗ったり、新幹線を使ったり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

また、浮気調査期間中に浮気相手に会わないケースでは証拠を入手しようがないです。

浮気調査を依頼して探偵に支払う費用内理由は「実費」と「時間給」の2つに分けることが出来るんです。

実費にふくまれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、張り込み時のご飯代が加算される場合もあるでしょう。

また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。

短時間で調査を完了すると請求額も少額となります。

探偵が尾行する際の料金はと言うと、調査する人の数にもよりますが、だいたい1時間あたり1万~3万円ほどです。

当然のことですが、調査員が少ない人数なら安く、多いほど高くなります。

また、尾行する際に車やバイクで移動すると、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認がいります。

即日調査 興信所

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です